スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の住人、カイコちゃん

 女房がある日通販でカイコの卵(100個)を買った。卵はプラスチックケースに入って、普通郵便で送られてきた。まさか、郵便の仕分け人も配達夫もなんのへんてつもない茶封筒の中に虫の卵が入っているとは思わなかろう。

 さて、それからが大変。100個の卵のうち、ざっと7~80匹が孵化。家族みんなで毎日3度ほど、桑の葉を集めてカイコにあげる日々が続きました。この頃は浅い段ボール箱でカイコを飼っていたけれど、我が家の玄関の片隅ではイモムシ嫌いが見たら卒倒しそうなほどのミクロコスモスが形成されていました。

 さて、我が家のカイコたち、女性の小指くらいの大きさに成長したので、いつ繭を作っても良いように数匹ごとの小部屋に分けました。

IMG_1856.JPG

 

 これがカイコのアップです。大きさ以外はモスラにそっくり。何でもモデルがいるのだなあと変なところで感心です。カイコが桑の葉を食べるとき、バリバリと音を出します。

IMG_1861.JPG

 

 カイコたち、勝手気ままに部屋を移ります。放っておくとこの有様。でも、以前は7~80匹が集まっていて、もっと酷かったんですよ。

IMG_1858.JPG

 

 マユを作っている最中のカイコです。マユの中で忙しそう。

IMG_1868.JPG

 

 マユの完成形です。別の一匹は自分のマユのための場所づくりに余念がありません。

IMG_1869.JPG

 

 飼ってみればかわいいのだけれど、嫌いな人は嫌いかも知れません。これらがいつか一斉に蛾になるかと思うと本当に怖い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。