スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーの営業マン!?

 建築設計の友人から聞いた事です。自分で裏をとった話ではないので、話半分で読んでください。

 ハウスメーカーには会社に所属しないフリーの営業マンというのがいるらしい。つまり、見込み客を見つけて、特定のハウスメーカーに教える人だそうです。ハウジングセンターに行ったら、住所を教えていないハウスメーカーから急にDMが来たことはありませんか?それがフリーの営業マンの仕事です。

 彼らは、ハウジングセンターを歩いていて、これはといった見込み客を見つけます。多分、夫婦で来ていて、熱心に説明を聞いているとか、真剣にディテールや価格を調べているというとかいう人たちを見つけるのでしょうね。そして、その客が帰るときにあとをつけていき、車のナンバーをチェックするらしいです。その車のナンバーを陸運局で確認し、住所氏名や属性、好み(何をチェックしていたか)を教えてお金を貰うらしい。

 家を買うときには大きなお金が動きます。そこで顧客をつなぎ止めた営業マンの報酬は多分予想以上の額です。ハウジングの営業の難しさは解りますが、このあたりが日本の家のコスト・パフォーマンスを狂わせているような気がします。

 自信や湿気のない国と比べるのはアンフェアですが、西洋と比べると日本の家はちょっと過剰で高価ですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。