スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

士業交流の場所

 愛知県には十士業連絡協議会という組織があり、毎年6月頃?に各士業の新人が集う「フレッシュマンズ・フォーラム」という交流の場が開かれます。 たいていの人は1度しか参加できないのですが、自分は3回参加させていただきました。1度目は鑑定士補として、2度目は鑑定士として参加しました。協会側から3度目は無いよといわれたので、昨年は引率者として無理矢理参加しました。引率者のくせに、フレッシュマンより新人でしたよ。

 ここに参加する十士業とは、会計士、税理士(名古屋と東海で2団体)、弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、社会保険労務士、土地家屋調査士、不動産鑑定士です。 もちろん、士業といわれる職業はこれだけではありませんが、ともかくこの10団体が集うと、いろんな問題が解決できそうな気がしませんか?この「フレッシュマンズ・フォーラム」は、士業同士が知り合う場所です。お酒も食べ物もありますが、みんなそれよりも他の人と話をするのが大変です。自分もここ(二次会)で知り合った人たちとは今も仲良くさせてもらっています。

 不動産鑑定は日常業務ではあまり人と出会える機会がありません。一つの業務で関わるのはクライアントだけ、しかも受注と納品の2回だけしか会わないということも多いです。でも、鑑定評価をやっていると、法律、登記、測量、税務など、いろいろな実務の知識が必要になってきます。借地権の継承やら赤道の併合やら、いろんな場面で専門知識をサポートしてもらいました。

 クライアントからの質問は不動産全般についてです。鑑定評価は不動産のほんの一分野です。

 「(専門外なので)わかりません」

 と言える割り切りが自分にはないし、今から新しい分野に習熟するのも大変。だからこそ、他分野の専門家の仲間が必要だし、出会える場を大切にしたいと思っています。

 さて、今度の「フレッシュマンズ・フォーラム」にはどうやって潜り込もうかな?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。