スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィスの備品(贅沢その2)

 公的評価を持っていない新人鑑定士の生きる道、それは「フリーランス」。

 プロジェクトごとに先輩鑑定士に呼ばれ、その場限りの良き手足となり、その人好みの、でも決して負けない鑑定評価書を仕上げ、颯爽と自分のオフィスに帰っていく。そんなフリーランスのような鑑定士になりたいと思っています。人は下請けとかお手伝いとかいうけれど、自分はフリーランスとしての誇りを持って依頼を受けた同業者の頼もしい味方でありたい。

 そんなことを思いつつ、鑑定の道具に選んだのがこのパソコン。

 SONY VAIO typeS (SZ95)

IMG_1319.JPG

  Sony Styleで必要な構成をくんで仕上げました。

 重量は1.75kg。コンパクトノート随一のスペックで、軽いアプリしか使わない鑑定関連業務なら高性能なデスクノートにも引けをとりません。メモリも2G積んで、VISTAもサクサク動きます。テンキーもマウスも小型のものをチョイスして持ち運び体制もばっちり。しかも指紋認証の暗号化ハードディスクで、いざというときも依頼者の情報を漏らしません。

IMG_1321.JPG

 デスクで使うとこんな感じです。もし急な仕事で助っ人に行くことがあっても、仕事スペースは1m四方でやりくりできます。おじゃまになりませんから、だれか助っ人に呼んでください!

 さて、このパソコン、結構高いです。オフィスなしで18万5000円。でも、元椅子フェチ、パソコンマニアの名にかけて、この二つだけは贅沢しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。