スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鑑定評価の費用の紹介(取引事例)

 取引事例を得る方法には2種類あります。

 スタンダードなのは鑑定士協会でストックしている事例を閲覧すること。もう一つは自分で取引事例を見つけて資料化すること。

 協会での事例閲覧は所属する県士協会なら割安ですが、他県の協会で閲覧する場合は1件数万円?の場合もあります。高いと思いますか?そうですか?事例を作る苦労を知っているから、この件については自分は特に何も言えないです。

 さて、もう一つの自分で事例をつくる方法です。これはいろいろなツテを頼って足と時間を使って、探し回しかありません。ツテがなければ飛び込みで何人もの人にあって調査します。かなり辛い作業になります。協会で扱わない特殊な事例が必要なときはこの方法です。だから特殊な評価は報酬もそれなりに必要です。

 ピンキリですが、事例費用としては1案件3~5千円くらいではないでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。