スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブレター from 国交省

 月曜日に親方の会社に残務整理のために出社すると、自分の机の上に「ラブレター」が!どうやら、日曜日のうちに親方の元に届いていたようです。

 「ラブレター」それは国土交通省の鑑定官から来る地価公示鑑定評価書についての確認事項の俗称。毎年このころになると、全国の地価公示評価員の元に送られてくるもの。

 なんか重大なミスがあったのか?と怖々書類を確認すると、それは想定の範囲内でミスではないもの。早速、国交省鑑定官宛に評価員の意図説明と修正を行わぬ旨を便せんにしたため、熱いキッスとともに送りつけると同時に、相鑑にも口裏合わせをお願いしました。

 地価公示は特に間違いが許されない評価です。なんせ、地価公示はあらゆる評価の基準となるもの。ここで整合性が取れなければ、すべての評価の説得力が無くなってしまいます。そんなわけで、こちらも十分に注意して評価に当たるし、担当鑑定官も指紋がすり切れるまで鑑定評価書をチェックします。こうして熱い熱いラブレターの応酬が続くのです。

スポンサーサイト

コメント

来ちゃった

うちにも来ました。一カ所PC入力ミスがあり、「修正します、ごめんなさい」という旨をしたため、熱いキッスとともに返送しました。ちょっと凹みました・・・ おひまを出されないよう祈ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。