スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ鑑定士を「先生」と呼ぶのか?それは...

 仕事で人と会ったり紹介される時、「鑑定士の○○先生」というように、“先生”で呼ばれることが多くあります。しかし、自分は“先生”と呼ばれるほど偉いわけでなく、ましてや、人を教える立場でもないので、この“先生”という呼ばれ方にいつも違和感を感じていました。

 気心の知れた相手には「“先生”はやめてくださいよ」などと言っていますし、自分から人を呼びかける時は、ほとんど“さん”付けにするよう心がけています。

 同じようなことを考える人も多いようで、以前には「鑑定士同士では“先生”で呼ぶのをやめてはどうか」との話も出たそうです。しかし、それもあまり定着せずに、今も“○○先生”と呼び合う事の方が多いですね。

 さて、なぜ“先生”と呼ぶのか。

 まあ、本当にお偉い人もいて、“先生”で呼ばないとムッとされる方もいるのですが、皆がそう思っているわけではありません。単なる慣れともう一つの理由もあります。

 相手の鑑定士の名前を忘れた時にも、

 「先生、お元気でしたか?」

 などとさらっと話しかけられること。これが意外と重宝だとのことでした。なるほど、“先生”というのは“どうもどうも”並みに便利な言葉です。

  今も生き残っている言葉には、なにかしら機能があるものだなと再認識。以後、“先生“と“さん”を使い分けるようにしました。

 

 鑑定士見習い時代に大阪の鑑定士協会へ言ったところ、事務員の方やたらに“先生、先生”と言ってくれました。書類を見れば、資格者でないことはわかるはずなのにと思い、“先生”と呼ぶ理由を友人に聞いたところ、

 「お金を払ってくれる人はみんな先生や」

 と言っていました。確かに、そのような理由は大ありですね。それ以来、“先生”と呼ばれた時は財布をぎゅっと握りしめるようになりました。

 まあ、変な質問にも最大限に面白く答える大阪人は素敵だという話しでもあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。