スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車&自転車で事例調査

 鑑定評価ではいくつかの評価手法があります。手法の一つに「取引事例比較法」というものがありまして、これは、簡単に言うと「別の不動産の取引で成約した価格を参考に、対象不動産の価格を求める」という方法です。この手法では、

  1. 取引事例を収集・選択する
  2. 取引事例を実査する
  3. 取引事例の価格を補・修正する

という3つのステップがあります。ものによりますが、評価では大体3~5事例を使う事が多いです。でも、実際に収集するのはその5割り増し、5~8事例、多い場合には10事例超を集めて、実際に見に行きます。

 事例の実査は車を使う事が多いのですが、都心部では車を駐車するのに一苦労。今回は物件近くに車を止め、そこからは自転車でくるくると回りました。これも一つのパーク&ライド?

 気持ちの良い5月の空の下、颯爽と事例調査です。ちなみに、下に写っている写真は単なる町中のスナップであり、調査対象でも事例でもありません。

IMG_2857.JPG

 錦通伏見の交差点だったかな?ちょっと休憩。

IMG_2866.JPG

 ビルの隙間には納屋橋再開発のアクアタウンのビルが垣間見られます。事例実査は残すところあと2事例。

IMG_2869.JPG

 桜通から名駅のタワーズを眺めます。良い構図だったので思わず一枚撮りました。

IMG_2870.JPG

 ゴール。愛車のWISHと記念写真。細い道路の多いところでは、自動車&自転車の組み合わせが最高に効率的です。今回は12~15件の事例を回りましたが、いつもの半分の時間で終了。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。