スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒蔵でのお花見(浦野酒造)

 日差しのうららかな4月5日に花見に行ってきました。場所は豊田市四郷で「菊石」という銘柄の日本酒の造り酒屋を営む浦野酒造さんです。

 昨今は辛口のサッパリした味が好まれますが、ここで醸すお酒は、味が濃くてやや甘口な、昔の日本酒っぽい風味です。いかにも純米ぽい味が気に入っています。

 また、日本酒もさることながら、よく手入れされた漆喰のお蔵がとてもきれいです。この酒蔵の片隅に一本の桜の古木が有ります。エドヒガンザクラかな?落ち着いた花の色で、風格のある花です。

 浦野酒造さんでは、毎年この桜が咲く頃に酒蔵を開放して、お花見会を開催されています。

 蔵はこんな感じです。漆喰の手入れは大変でしょうが、とても良く手入れされています。

酒蔵.JPG

桜2.JPG

 

 新しく、若井杜氏さんが入られたようです。研究熱心で、利き酒品評会でも良い成績を残しています。

賞状.JPG

 

 ここの酒蔵開放はご近所の人もやってきます。ご婦人方のお手伝いで、即席の屋台も出ていました。鮎、はんぺん、五平餅を頂きました。奥に見えるのが桜の古木。樹齢とかはわかりませんが、ソメイヨシノにはない風格ですね。

 自分は一本ぽつんとある桜の下でしみじみと眺めるのが好きです。鑑定士の勉強中には図書館裏の桜の下で鑑定評価基準を暗記していました。

桜.JPG

 

 奥のテントでは利き酒クイズの真っ最中。銘柄は同じ「菊石」ですが、吟醸・純米・本醸造などを当てるようです。

人混み.JPG

 いつも利き酒を楽しみにしているのですが、この日はこの後ドライブに行く予定だったので、一滴も飲みませんでした。

 

 日本酒の代わりに頂いたのが、こちらの仕込み水。水量の潤沢な井戸があるようで、ほどよく冷たくて、おいしい水でした。軟水?硬水?その辺はわかりませんが、杉樽に入ったお水はおいしい!

仕込み水.JPG

 帰りは菊石の純米(やや甘口の方)を一本買って帰りました。なにか良いことがあった日に飲むとしましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。