スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページが消えていました。

 昨日、鑑定士の友人から「ホームページが消えているよ」と教えて貰いました。会社で使っているレンタルサーバーが先日ダウンしていたので、そのときにでも消えたのだと思います。
 本日復旧しておきました。



 また、風俗系のコメントがひどすぎるので、コメント投稿の際に数字入力するようにしました。
スポンサーサイト

人脈の話し

 新年度も始まり、まちで新社会人を見かけることが多くなりました。リクルートスーツから解放され、ホッとした顔つきで社会人生活を楽しんでいるようです。

 私が社会人になったのは、かれこれ十数年前のことです。民間企業で、都市計画のコンサルティングを行っている会社でした。コンサルティグと言っても、一つの専門知識だけでは仕事はできません。いろいろな専門家から知識を得ながら、実務家の手を借りながら、少しずつ仕事を進めていきます。

 コンサルティングの仕事で重要なことの一つに人脈づくりというのがあります。どれだけ人を知っているか、人の手助けが得られるかが仕事の進展に関わってきます。実際に会社の所長は広い人脈を持っていて、案件毎に必要な専門化・実務化に意見を聞きながら仕事を進めていました。

 当然ながら新人の自分が持つ人脈なんか、たかが知れています。人脈づくりを進めようと考えて自分に課したことは次のことです。

  •  いろいろなものに興味を持つ
  •  興味を持ったもの・事に参加する
  •  誘いを断らない、頼みを断らない

 それから今まで、上記のことをそこそこ守って、人脈を増やし(たまには減らしてしまい)、今に至ります。そこそこいろいろな方とお知り合いになれて、自分では人脈が厚い方だと思っていました。でも、実際はどうなのでしょうか?

 自分の人脈の厚さを客観的に見るにはどうすればよいでしょうか。単純には貰った名刺の枚数でしょうが、中にはこんなものがあります。

 『企画の立て方』(星野匡著、日経文庫)に、自分で採点するネットワーク・チェックリストが掲載されています。このチェックリストは50の職種の人を直接・間接に知っているかどうかを100点満点で問うものです。このリストの職種には、「商品化権に詳しい弁護士」、「お寺の住職」、「映画制作に携わる人」、「フランス語を話せる人」、「老人問題に詳しい人」などが挙げられています。自分の知人にこれらの方々は居ます。ある分野の専門家の方々とは知り合いが多いですね。

 逆に、自分の知人にいないのは記者や企業家、駐在員などです。自己採点では100点満点中、25点でした。人脈はただ増やせばよいというものではないのですが、自負していたよりもまだまだ薄い人脈だと再認識しました。

社名についての一考

 自分の会社に名前を付けるにあたっては、本当にいろいろ考えました。結局、「西村不動産鑑定」にしましたが、こんな候補もありました。

  • 「ニシムラ・リアル・エステイト・アプレイザル」通称「ニレア」(これはドメイン名に残しました)
  • 「西村不動産研究所」(最後まで研究所をつけるか悩んだ)
  • 「西村不動産鑑定所」(所を入れた方が語呂がいいんだけれど...)

 横文字・カタカナ文字は女房が即却下。“不動産鑑定”って知名度無いのに、横文字にしてどうするの?という理由みたいです。

 “研究所”という響きはなじみがあるのですが、シンクタンク業をするつもりはないし、「(財)日本不動産研究所」というビッグネームがあるので却下。ちなみに、自分のいた会社いずこもは「○×研究所」なんですよ。

 “鑑定”とするか、“鑑定”で止めるかは悩みましたが、会社組織が鑑定をするのではなくて、一鑑定士が不動産鑑定をするのだとはっきりさせようと思い、“鑑定”にしておきました。

 ところで、鑑定業者となるには常勤する専任の不動産鑑定士が必要です。鑑定業法では専任鑑定士は社長や役員でなくても良いのですが、実際のほとんどの会社は社長が不動産鑑定士です(専任にはしていないかもしれないけれど)。

 会社の意志決定をする役員に不動産鑑定士がいない鑑定業者はちょっと怖いですね。ある日、社長から「我が社の経営方針に沿って鑑定評価しなさい」なんて言われても困ってしまいますからね。鑑定評価では“指し値(前もって決まった鑑定評価額)”がある場合は原則として評価を引き受けないのですが、雇われ鑑定士で社の方針に逆らうのはなかなか勇気がいります。まあ、そのくらい組織だった鑑定業者なら下請けに出すかもしれませんが。まあ、良識ある会社ならそんなことはないのですけれどね。

 社名を決めているときに、こんな事を思い、“所”ではなくて“自分”が主体の会社を作ろうと思ったわけです。いずれ、我が社のホームページにも名前の由来を書くつもりですが、まずはブログでね。

ホームページのお披露目

 しばらく前からリンクページに密かに加えていましたが、我が社のホームページのお披露目です。

 株式会社西村不動産鑑定

 人を産むのは何も女性だけではないのだなと感じました。まあ、人間の赤ん坊はどうやっても産めませんが、“法”人なら老若男女関わらずに作れるし、自分が作った法人はそれなりにかわいいものだ。

 ただし、かわいさは 我が子>会社 だけれどね。

ブログランキングに参加していますって、これはポチるような内容じゃないね。
ランキングバナー.gif FC2 Blog Ranking

開業準備!

 4月1日はエイプリルフールであり、不動産鑑定の日です。
 また、4月1日は新しい年度の始まりであり、(株)西村不動産鑑定の開業の日です。

 さて、少し前の事務所の様子です。

IMG_1312.JPG
 がらんとした部屋です。パソコンのないパソコンデスクを机に使っています。椅子は高校の頃買った、もう20年ものです。

 

 対して、今の事務所の様子です。

IMG_1315.JPG
 しっかりとオフィスの体裁が整っています。白とベージュをベースとした落ち着いた部屋です。まだあまり家具がないので、広く感じますね。

 こちらはミーティングテーブルです。奥はトイレと流しがあります。このあたり、まだ少し寂しいのでお金ができたらローチェストを入れたいですね。

IMG_1317.JPG 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。