スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪霊?建物に憑く何か

 ニュースでこんなものを見つけました。

 「幽霊出る」説明せず? 建物借り主、仲介業者ら提訴

 鑑定評価理論では、「幽霊がでる」事による価格修正って難しいんですよね。まず、調査が難しい。次に、減価の査定が難しい。今回の提訴でしっかりと判例がでてくれれば多少はやりやすくなるんですが・・・。しかし、この手のオカルト物件の依頼はやりたくないです。

 建物に憑く悪霊の類って本当にいるのでしょうか?皆さんはどう思われていますか?

 自分は根っからの理系人間で、オカルトの類は一切信じていません。それでも数百件の建物・物件調査をしていると、2例ほどどうにも不思議な体験をしています。

 最初の例は鑑定ではなく、文化財建築の実測調査の時です。
 そこは江戸末期の建物で、数年前までおじいさんが一人で住まわれていた建物です。古文書の調査などから重要な施設だったとの情報を得て、古建築の実測チームを組織して建物調査に入りました。
 建物の中に入り、その建物の異常さを感じました。数年間空き家だったはずなのに、生々しい気配がある。ついさっきまでそこで食事をしていたような食卓があり、小学生の子供が宿題をしていた跡もある。うまく伝えられませんが、そのときは背筋が凍るような気味の悪さを感じました。
 調査が終わった後、自分はひょんな事で危うく失明かという怪我をしました。一緒に調査をしていた別の人は同時期にバイクで事故をして、もう一人は何かの拍子に腰を痛めたそうです。

 次の例は、鑑定評価である空き家を調査したときです。
 そこも数年ほど空き家になっていた家ですが、今度は老朽の度合いが酷い。家の周りは雑草が繁茂してなかなか近寄れない。家の中はツタだらけで、もう数十年空き家だったかのよう。近寄ってすぐに、同じように背筋が凍るような感覚が。
 「この建物も何かおかしい。何かが憑いている!」
 そう感じたので、必要最小限だけの調査をして、早々にその場を立ち去りました。でも、時すでに遅し。その後数日して、右目が腫れ上がり、右耳が突発性の難聴にかかりました。そして、ひょんな事で右足小指を複雑骨折。見事に右ばかり。眼科・耳鼻科・整形外科に同時に通う羽目になりました。

 この2回の実体験から、建物にはなにか悪いモノに取り憑かれることがあると信じるようになりました。悪いモノが幽霊なのか、変な気の流れなのか、それともなにか不運を連れてくる別の何かなのか、それはわかりません。そんな非科学的なモノはいるはずがないと今でも思っていますが、それでも2回の実体験は覆しようもなく、その手のオカルト物件はそばに寄ることが無いよう気をつけています。

 理由はなくとも気味の悪い物件は手を出さないほうが良いと人にはアドバイスするようにしています。

スポンサーサイト

鑑定事務所の就職の思い出(就職活動の方法)

 鑑定業界の就職戦線ですが、今は売り手市場です。どこでも良いなら入れます。でも、ほんの5~6年前まではそうではありませんでした。鑑定士となるためには、鑑定事務所での実務経験が2年間要求されていたこともあり、是が非でも鑑定事務所に就職せねばなりませんでした。でも、当時、鑑定事務所の求人募集はほとんどありません。

 当時は就職するために、

 「合格発表があったら鑑定事務所に片っ端から電話をすること」

 そんなことが言われていたし、ある程度は本当のことでした。ですから、事前に県の鑑定士協会に行って業者名簿をいただき、合格発表(無事合格できました)を確認してすぐに電話をかけました。そのころからブラックな事務所があることは知っていましたが、具体的にはどこがブラックなのかはわかりませんでした。

 入社するならある程度真面目な、信頼できる業者に入りたい。でも、具体的にはどこかわからない。ですから、鑑定士協会の会長から順番に電話をかけました。やはり役職にあると言うことは人望があるのですよね?会長副会長の後は会社名に「~研究所」とか真面目に勉強していそうな業者名をピックアップして電話をしていきました。それから、不確かながらも2ちゃんねるの書き込みも役に立ちました。

 我が家の近くで開業されているA鑑定士にお電話したとき、

 「鑑定業者にはちょっと変わったのがいるからね。」

 との言葉をいただきました。それをきっかけに入っては行けない事務所の名前をざっくばらんに教えてくれました。それが先日書いたW君が入社していた会社でした。A鑑定士のアドバイスがなかったら、今自分はこの業界にいなかったかもしれません。A鑑定士は別のご縁でお会いし、自分のお酒のお師匠様になっています。

 鑑定士予備軍の方、就職の時はできる限り情報収集をする方が良いですよ。努力すれば何かの情報が手にはいるから。



ブログランキングに参加しています。役に立ったなら是非ポチって下さい。
FC2 Blog Ranking

鑑定事務所の就職の思い出(良い鑑定事務所とは?)

 鑑定士予備軍にとって、鑑定事務所に入るのは「自分が鑑定士になること」これが第一の目的ではないでしょうか。仕事のやりがいや給料はあくまで二の次でしょう。資格家業は有資格者になれないことには自分の人生の駒が前に進められない怖さがあります。

 ですから、良い鑑定事務所とは自分を鑑定士にしてくれるところ、できれば有望と言われる鑑定士にならせてくれるところでしょう。こういう事務所は

  1. そこそこ幅広い鑑定評価の仕事がある
  2. ある程度の裁量を持たせて自由にやらせてくれる
  3. でも放置はせず、ちゃんとチェックしてくれる
  4. 勉強時間と勉強のアドバイスをくれる

 こういうところでしょう。きちんと人を育てるところだったら多少給料は少なめでも仕方ないのでは?このような事務所だったら、鑑定士になれるかどうかは後は自分の努力次第だと思います。

 一般論ですが、良い事務所には一定期間人が定着するので頻繁には募集をかけません。また、勤めている人はいつまでも士補に止まっていないので、新旧の名簿を見ると勤務している士補が士になっています。後は面接するときに、下の人が疲れ切っていないか、会社の備品・PC等はそこそこ新しいかをチェックすることです。

 ブラックな事務所はこの逆です。いつも募集をかけている、古い登録番号の士補が名簿にある、そんなところはちょっと注意した方が良いでしょう。あくまで一般論ですが。ブラックな事務所の親方は面接慣れしているので、親方の初対面の印象は別に普通です。

 

 

伏見稲荷詣でに行きました

 「独立開業すると仕事が無くても暇はないぞ」

 そう先輩鑑定士に言われたので、急遽家族旅行を計画しました。行き先は京都、伏見稲荷。やっぱり、商売だから繁盛した方が良いのでね。

 新しい物好きな自分は、名古屋から、できたてほやほやの高速道路「新名神」を通って京都入りしました。新名神は亀山jct~草津jctを結ぶ自動車道で、昨月開通したばかりです。

IMG_1132.JPG

 これが走行中の車から撮影した新名神。平日朝の10時前頃ですが、こんな感じ。雨降りのため、全体がねずみ色の写真になっていますが、とても快適です。外国の高速道路みたい。車が少なく、片道3車線(一部2車線)の規格。沿道の今後100年の都市形成を考えると、ちょっとわくわくします。

 

IMG_1149.JPG

 伏見稲荷です。お狐様と鳥居がなんだかシュールな印象。なんと言っても五穀豊穣・商売繁盛の神様。世人の俗な願い事を聞き入れてくださるありがたい神様。

 

 無限かと思う本数の鳥居をくぐると、「おもかる石」と呼ばれる石があります。このおもかる石、願をかけてその石を持ち上げたとき、「軽い」と感じれば願いは叶い、「重い」と感じれば叶わないという言い伝えがあります。さて、自分も「商売繁盛」の願掛けして、試してみました。

   ・
   ・
   ・
   ・

「重い!」

 

 商売は繁盛しそうにないか... ort

大事な仕事道具その2:メモ帳

 もう一つ欠かせない仕事道具がメモパッドです。いつも胸ポッケに入れています。

HI3A0038.JPG

 RHODIAのNo.11のメモパッドと本革製(かなり嘘っぽい)のメモケース。付いているのはZEBRAのSARASA3(三色ボールペン)。

 昔は100円で3冊ほど買えるミニノートを使って、100円ノートの超メモ術を実践していたのですが、お客さんに会うときにあまりに貧相に見えるので、ちょっと方針転換しました。電話の応対メモみたいなちょっとしたものから、屋外でのメモまで、何だって対応します。メモをしたら破ってメモケースのポケットに挟み込みます。1週間くらいしてメモがたまったら、必要なものはシステム手帳に転記し、不要なものは破棄します。システム手帳はストック情報、メモパッドはフローの情報としています。所詮フローだから、すぐに捨てること、これがメモの秘訣ですね。

 ZEBRAのSARASA3の書き味は抜群なんですが、水性ってところが問題です。ペン先を出したまま胸ポケットに入れてしまうと、胸ポケットがインクだらけになるんですよね。いままで3枚のワイシャツをだめにしました(まだ着ているけれど)。だから、今は三菱のJETSTREAM3色ボールペン(油性)に浮気中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。